各メニューの説明・リンクはこちらから

サイトマップ

◇Palette Parade(略称:パレパレ) デビュー

おすすめ記事

 2021年9月5日、真っ白なキャンバスの姉妹グループ『Palette Parade』(略称:パレパレ)が下北沢シャングリラでのお披露目ライブ『First Parade』にてデビューした。

 パレパレは白キャンの所属する株式会社PLAYYTEの新組織『Atelier IBASHO(アトリエ イバショ)』が開催した真っ白なキャンバス&新グループの合同オーディションにて新グループのメンバーとして最終合格を果たした白川千尋・緋本はぐみ・比嘉ゆめの・葵うた・森月音羽・中野小陽の6名で結成されたグループ。

 オーディションの第3次審査はミクチャによる配信審査により行われており、メンバーとの初の顔合わせとなる本お披露目ライブにはその経緯を見守ってきた多くのファンが駆け付けていた。

 開演前から熱気に包まれたパレパレのデビューライブは開幕のSEに続いての『心羽根模様』でスタート。

 冒頭の間奏では葵うたが「こんにちは、私たちがPalette Paradeです。今日は初お披露目ライブ、私たちと一緒に最高のパレードにしましょう」と煽りを入れ、さらに会場のボルテージを高める。

 パレパレは事前に5曲がSoundcloudで公開。ロックをベースにしながらも、そこに管楽器をプラスしたパレードを感じさせるポップで前向きな楽曲は各所で話題に。

 その一方で合格発表があったのが2021年7月25日。当初のお披露目ライブは2021年8月28日にTSUTAYA O-nestでの開催予定であったが、メンバーの新型コロナウイルス感染のため延期となるなどその準備期間の短さにステージでの披露への不安説が無い訳ではなかった。

 しかしながら、ライブが始まると各メンバーの歌唱力と入念にレッスンを重ねてきたことが伝わる気合の乗ったステージングにその不安は杞憂であったことを知る。


 『葵うた』はオーディション審査1位合格者。その一方でデビュー前の取材では審査員推薦では選ばれないと思っていたと語るように、他メンバーを見ると運営のグループイメージとは異なりそうな存在。

 しかしながら、圧倒的な歌唱力とパフォーマンスでグループに必要不可欠であることを自ら証明。その熱い魂を感じるステージングでグループを勢いづけてくれそうだ。

葵うた

 『比嘉ゆめの』はオーディション初期の順位は下位であったものの、脅威の伸びにより最終的に合格を果たした奇跡のシンデレラストーリーを持つメンバー。

 そんな彼女の優しき歌声はパレパレの音への順応性が非常に高く楽曲のコアパートを担う。芸能活動は全く初めてであるが、緊張すら楽しみに変える初ステージぶりも素晴らしいものであり、今後の進化に期待がかかる。

比嘉ゆめの

 『緋本はぐみ』はかっては『禁断の多数決』に所属しており、その確かな実力は折り紙付き。特徴ある声と歌唱力でグループに深みを与える。

 泣き虫ではあるが、強い意志を感じさせる人物。ステージに立つ佇まいに唯一無二の雰囲気を漂わせる彼女はこれからのグループの行く末を導いてくれそうだ。

緋本はぐみ

 『森月音羽』はかつては誰もが知る大手グループに所属していた過去を持ち、この度パレパレで新たにアイドルとしての夢をスタートさせた。

 ここぞというポイントでの魅せ方を分かっている、彼女のパフォーマンスはステージに華を与えます。ほんわか癒し系の声とキャラクターも特徴的で、グループのマスコット的な存在としても活躍してくれそう。

森月音羽

 『中野小陽』はオーディションでも常に上位をキープ。アイドル向きのキャラクター、整ったビジュアルに歌唱力と色々な引出しを持ったメンバー。

 透き通った声に丁寧にメロディーをなぞる歌唱の表現力、優雅さと繊細さが両立したダンスも併せ持ち、その多彩なスキルでグループのバランサーとして重要なキーパーソン。

中野小陽

 『白川千尋』はグループ最年少。配信審査は学生のため実施時間は限られていたものの、いつでも明るく、見るものを無条件で笑顔にさせる才能が審査員の目に留まり、最終合格を果たしたメンバー。

 ”前向きに一緒に進んで行く”というパレパレのグループとしてのコンセプトは、彼女の存在があったから生まれたように思われます。

 そのダイナミックで全力のパフォーマンスは アイドルとして将来大物になるであろう原石の輝きを感じさせる存在。

 その若さゆえに、まだまだ発展途上で未完成。それでも曲の重要部を任されている所に周囲の期待の大きさを感じさせる。

 そんな彼女の成長は、今後のグループの運命を左右するであろう。

白川千尋

 ライブの2曲目にはアッパーチューン『スプラッシュアンカー』が流れ、会場の勢いはさらに加速。その後は初となるメンバーMCに突入。

 MCでの自己紹介には各々が考えたキャッチフレーズも登場し会場を和ませていた。 

メンバー自己紹介≫

ゆめのと一緒に夢見るの
夢の国へようこそ比嘉ゆめのです

今日の朝ご飯は生姜焼き定食です
広島県出身、葵うたです

泣き虫だからハグしてくれますか
緋本はぐみです

ちぃはアイスを愛しとうけど
みんなはちぃを愛してね
白川千尋です

今日も一日こはる日和
中野小陽です

元気モリモリ
森月音羽です

 MC後は歌詞とメロディーに個性を感じる『可愛くなる』、そして最初に公開されたパレパレはじまりの曲『わたしトレイン』が披露され、グループの魅力を余すことなく表現する。

 そして最後の曲には合格前夜のメンバーの気持ちが歌詞となった『Life is Dramatic』が披露。

 様々な思いを背負ってメンバー、激動のアイドルの世界に飛び込んでいく彼女たちとリンクするドラマティックな歌の世界に会場は感動の渦に包まれ、パレパレのお披露目ライブは終了した。

 終焉後のお披露目ライブの感想は絶賛の数々であふれ、ステージでのパフォーマンスに加えてSNSにおいてもその勢いは特筆すべきものであった。

 単なる可愛いだけのアイドルではなく、そのステージに確かな心が存在することを感じさせたパレパレの初ライブ。

 断言しよう、このグループは”本物”だ。 

デビューを迎えてのメンバー挨拶

森月音羽今日は来てくれてありがとうございます。
こんなに沢山の方か来てくれると思っていなかったので嬉しいです。
これからもまだまだ上を目指して頑張っていくので皆さんついてきてください。


中野小陽私は人前に立つのとかパフォーマンスが人一倍苦手で、今日のステージも泣き出して立てないんじゃないかと色々不安だったのですが、皆さんがこうやっていらっしゃって、ちゃんと楽しくできたのが嬉しくて本当にありがとうございます。

まだまだ未熟なところ沢山ですが、これからも皆さんと一緒に成長していけたら良いなと思います。よろしくお願いいたします。


白川千尋特に話すと決めていたことはないのですが、振りむいたときに凄い沢山の人がいて最初から多くの人がいて幸せだなというのが一番にあります。

これからなのでついてきていただけると嬉しいです。パレパレをよろしくお願いいたします。


緋本はぐみまずは今日来てくれてありがとうございます。

合格発表から1か月間、ずっと忙しくて。でも忙しい分その1か月間で5曲も用意してくださった作曲勢の皆様とか、衣装もすごい可愛いのをオリジナルで作ってもらって、その他スタッフさんとか周りの家族とかすごい環境に恵まれているなと思っています。

頂いた環境を無駄にしないように頑張ります。


葵うた私も何も考えずに立っちゃった。合格発表から1か月間、毎日レッスンとかレコーディングとかMV・・・あ、言っちゃダメか何でもないです(会場から笑いがこぼれる)

撮影とか本当に忙しくて、でも全然苦じゃなくてみんなといる時間がすごい・・・(横にいる緋本はぐみと共に泣きそうになる)

楽しくて、今ここに立てているのが嬉しいです。これから皆さんにもっといいものが見せれるように頑張っていきます。よろしくお願いいたします。


比嘉ゆめの:
はい、緋本は・・・あ、違う。ひがゆめのです(会場爆笑)

私はアイドルになる前には、本当に何も持っていなくて、将来やりたいことも見つからなかったんですけど、見つからなかったのは今ここに立つ事が運命で決まっていたのかなと思うくらいこの1か月間が楽しくて。

今日もステージに立っていてとても楽しくて、今日みんなの顔が見れて嬉しかったです。

正直1か月間大変なことが多かったんですけど、みんな本当にいい子で自分を持っていて、凄い素敵な所が多くて、私も負けずにキラキラなアイドルにならなきゃいけないなと思いました。

お披露目ライブ『First Parade』 セットリスト

1.心羽根模様
2.スプラッシュアンカー
3.可愛くなる
4.わたしトレイン
5. Life is Dramatic

コメント

タイトルとURLをコピーしました